青汁とは?

以前は健康に気を遣っている一部の人の間でしか知られていなかった青汁ですが、最近では知名度がグンと上がり、知らない人はほとんどいないのではな いでしょうか。美容や健康に気を遣うモデルさんや女優さん達の中にも愛用していることを公言する人も多く、その影響もあって一度や二度は試してみたことが ある人も少なくないのではないと思います。

青汁というと「まずい」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは過去のこと。最近では飲みやすさにこだわった青汁がたくさん出回っているため、美味しく飲むことができるようになっています。

まず第一に、青汁の基本情報をお伝えしたいと思います。

青汁とは?

青汁とは、生の緑葉野菜を絞ったものをいいます。青汁の原料にはいろんな緑葉野菜が用いられていて、どの原料を用いなければいけないといった決まりはありま せん。しかし、青汁と呼ぶには、「素材が生の状態であること」、つまり、加熱処理することなく絞った野菜であること、そして、当然ながら「緑葉野菜であること」が必須条件となります。

緑葉野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていますが、 ビタミンやミネラルなどの栄養素は加熱すると幾分か失われてしまうというデメリットがあります。しかし、青汁は加熱処理をしないので、野菜に含まれている 栄養素を十分に摂ることができます。

このことから、青汁は健康促進に効果的といわれているのです。

青汁のルーツ

青 汁のルーツは、実は1,000年以上に上ります。日本に現存する医学書の中で最も古い医学書『医心方(いしんぽう)』は、平安時代に書かれたものですが、 その中に民間療法として野菜の絞り汁を使用していたということが記載されています。実際に、『青汁』という風に呼ばれるようになったのは、それよりもずっ と後の時代になりますが、その時代にすでに青汁のルーツとなるものが存在していたということが分かります。

それか ら、長い期間を空けて青汁が再び脚光を浴びるようになった原因は、戦中戦後の食糧難の時期にあります。厳しい食糧難を乗り越えるために、これまでは食べて いなかったような草や木の根などを食べる人も多くいた時期になりますが、岡山県倉敷市の遠藤博士は、それまでは捨てられていたイモや大根などの葉っぱの部 分を食べるようになったところ、体調に良い変化がみられるようになったのだそうです。

そのできことがきっかけとなって、遠藤博士は緑葉野菜のもつ豊富な栄 養に注目し、青汁についての研究を始めたといいます。実際に、青汁を飲んだ多くの人の体調が良くなり、栄養不足も解消されたということから、遠藤博士は研 究を続け、ケールによる青汁を完成させました。

青汁という名前は、遠藤博士の奥さんのヒナ子夫人によって付けられたそうです。

実 際には、緑色をしているので「緑汁が正しいのでは?」という声もありますが、昔の日本では「赤」「青」「白」「黒」の4色しか色を表す言葉がなかったとい われています。ですから、現在の「緑色」は「青」と呼ばれていたわけです。実際に、信号の色もどう見ても「緑」ですが、現在でも「青」と呼んでいますよ ね。

青汁とグリーンスムージーの違い

最近は、手作りのスムージーが人気ですが、青汁とグリーンスムージーの違いについては知っていますか?

青 汁は、基本的に緑葉野菜だけでつくったものですが、グリーンスムージーは緑葉野菜にフルーツを加えてミキサーで撹拌させたものです。青汁は「日本生ま れ」、グリーンスムージーは「アメリカ生まれ」といった違いもありますが、大きな違いはフルーツが入るかどうかという点です。

グリーンスムージーの方がフルーツをミックスしている分、青汁よりも飲みやすいのですが、その分、糖分が高くなりますので、青汁の方がより健康的な飲み物といえるでしょう。