青汁の商品紹介~ふるさと青汁~

その栄養価はケール以上ともいわれている「明日葉」。豊富な栄養素が含まれている生命力の溢れる明日葉は、青汁の原料としてもかなり人気があります。明日葉を原料に使った青汁は数多く出ていますが、中でもマイケアの『ふるさと青汁』は、明日葉を使った青汁のランキングに必ずといっていいほど上位にランクインする人気の高い商品です。

ここでは、ふるさと青汁の特徴や含まれている有効成分、気になる味についてまとめてみたいと思います。

【ふるさと青汁の特徴】

ふるさと青汁の特徴は、大きく3つあります。

1つ目の特徴としては、明日葉を根っこまで使ってまるごと使用しているという点です。ふるさと青汁に使用されているのは八丈島産の明日葉。安心の国産の明日葉を、カルコンが最も多く含まれる根っこまで使用していますから、明日葉に含まれる栄養素を残すところなく取り入れることができます。

2つ目の特徴は、ふるさと青汁の原料は安心の国産原料を使用しているという点です。ふるさと青汁には、明日葉だけでなく、大麦若葉や桑の葉などの原料も使用されています。明日葉は八丈島産、大麦若葉は熊本県産、桑の葉は島根県産です。

すべて農薬や化学肥料に頼ることなく、厳選された農家で栽培された原料のみを使用していますから、安全性については信頼の高い青汁となっています。

3つ目の特徴は、とても飲みやすい青汁だという点です。ふるさと青汁には、明日葉をはじめとして大麦若葉、桑の葉などの原料が使用されていますが、それぞれの原料をマイケア社独自の比率でブレンドすることで、明日葉に含まれる栄養素を損なわずに、飲みやすい青汁を作ることができました。

【ふるさと青汁に含まれている有効成分】

ふるさと青汁に使用されている原料の明日葉には、「野菜の王様」といわれるケールよりも、優れた栄養素が含まれています。

明日葉には、タンパク質やカロチン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB群、そして、ナイアシンやカリウム、食物繊維が豊富に含まれていますが、どの栄養素においても同量のケールに含まれている量よりもはるかに多い量の栄養が含まれています。

また、明日葉の大きな特徴は、「カルコン」が含まれているという点です。カルコンとはポリフェノールのひとつで、明日葉の茎や根の部分に多く含まれています。カルコンは、明日葉以外の野菜にはほとんど含まれていないので、とても希少なものです。

カルコンについては、近年の研究によって、さまざまな働きがあることが分かっています。カルコンはカラダの巡りを良くするので、たまった老廃物などをどんどん排出して、血液やリンパの流れを良くしてくれます。ですから、むくみがちな人もカルコンを摂ることでむくみ解消効果が期待できるんです。

カルコンの他の働きとしては、抗酸化作用や抗菌作用、また、血糖値を下げたり、胃酸の分泌を抑えたりする効果があることが分かっています。また、内臓脂肪を減少させる作用もありますから、メタボの予防・改善にも期待でます。

【ふるさと青汁の気になる味は?】

明日葉をはじめとする国産野菜の原料が詰まったふるさと青汁は、毎日続けるための飲みやすい青汁を目指して開発された商品です。明日葉に加えて、大麦若葉や桑の葉などの原料を比率よくブレンドすることで、飲みやすい青汁をつくることができました。

実際に、ふるさと青汁を飲んだ人の口コミを見てみると、「飲みやすい」とか「抹茶のような味わい」、「お茶感覚で飲める」という口コミが多くあります。

ですから、ふるさと青汁は、明日葉特有のクセが少しはあることは否めないものの、明日葉を使った青汁の中では飲みやすい青汁ということができるでしょう。

もし、明日葉を使った美味しい青汁を探しているなら、ふるさと青汁は候補のひとつにオススメです。

ふるさと青汁 http://lp.mycare.co.jp/lp/pc/aojiruG01_004_r_m.php