青汁の商品紹介~本搾り青汁(ファンケル)~

美容や健康のために始める人が多い青汁ですが、いろんなメーカーの青汁が出回っており、値段も高いものから安いものまで幅広くありますよね。手軽に買えるのは、ドラッグストアのお手頃価格の青汁ですが、そういうものだと原料が国産ではなかったりして、安全性が気になるところです。

ここでは、化粧品や健康食品のメーカーとして有名なファンケルが出している青汁、『本搾り青汁』についてご紹介したいと思います。本搾り青汁の特徴や含まれている栄養素、期待できる効果などについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

【本搾り青汁の特徴】

ファンケルが出している本搾り青汁には、実は種類が2つあります。1つは、『本搾り青汁ベーシック』で、もう1つは『本搾り青汁プレミアム』です。どちらも国内産のケールを使用した“ケール100%”の青汁になっています。

『本搾り青汁ベーシック』と『本搾り青汁プレミアム』の違いは、青汁1本に含まれるケールの量です。

『本搾り青汁ベーシック』には、1本にケール生葉約40gを使用し、『本搾り青汁プレミアム』は1本にケール生葉約120gを使用しています。厚生労働省が推奨する1日当たりの緑黄色野菜の摂取量は120g以上ということですから、『本搾り青汁ベーシック』ではその3分の1を、『本搾り青汁プレミアム』では1日の推奨量を青汁1本で摂れるようになっています。

また、『本搾り青汁』で使用されているケールは、愛媛・長野・鹿児島県の契約農家で化学農薬を一切使用せずにミネラル農法によって栽培されたものです。ミネラル農法とは、ケールを育てるための土壌を分析し、それを元に足りないミネラルを補って、ミネラルバランスの取れた土壌で栽培する方法です。そうすることにより、作物自体に含まれるミネラルバランスを高めることができます。

【本搾り青汁に含まれている成分】

『本搾り青汁』はケール100%ですから、ケールの栄養が丸ごと詰まった青汁になっています。ケールは「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれているように栄養価が高い野菜です。

ケールに含まれている代表的な栄養素は次のとおりです。

◆ビタミン

ケールには、体内でビタミンAに変わるβカロテンやビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれています。それぞれのビタミンの作用は若干異なりますが、老化や生活習慣病の元となる活性酸素を除去する働きや免疫力をアップする効果、さらには美肌効果などもあります。

◆カルシウム

ケールにはカルシウムが豊富に含まれており、そのカルシウム量は牛乳以上ともいわれています。ですから、骨粗しょう症の予防にも効果が期待できます。

◆ルテイン

ルテインにはスマホやPCから発せられるブルーライトの光を吸収する働きがあります。ですから、目の疲れを予防したりするのに効果的です。

◆メラトニン

不眠症の原因のひとつとして、脳から分泌されるメラトニンの量が少ないことが挙げられます。ケールにはメラトニンが豊富に含まれていますから、メラトニンの不足による不眠を改善するのに役立ちます。

◆食物繊維

便秘の予防・解消効果があることでよく知られている食物繊維もケールには豊富に含まれています。

【『本搾り青汁』の気になる味は?】

「緑黄色野菜の王様」として知られているケールですが、唯一の難点はクセが強く、ケールの青汁は飲みにくいという点です。ですから、ファンケルの『本搾り青汁』についても多少の飲みにくさというのは覚悟しておきましょう。

ただ、『本搾り青汁ベーシック』と『本搾り青汁プレミアム』で比較するならば、『本搾り青汁ベーシック』の方が「ケールの青汁にしては飲みやすい」という口コミが多くみられます。『本搾り青汁プレミアム』については、ケールの含有量が多い分、やはり味はしっかりと濃いので「飲みにくい」と感じる人が多いようです。

本搾り青汁ベーシックhttp://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=6590a

本搾り青汁プレミアムhttp://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=6589a