青汁の商品紹介~世田谷自然食品『乳酸菌が入った青汁』~

以前は青汁というと、健康のためにカラダの健康が気になる中高年以降の人が飲むものというイメージがありましたが、最近では「美容のため」とか「ダイエットのため」、また「便秘予防のため」といったさまざまな目的のためにあらゆる年代層の人が飲むようになっています。そのおかげで、青汁の中には、それらの目的に合わせて特定の栄養を強化した青汁もつくられるようになりました。

ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれている青汁に、乳酸菌を入れて栄養を強化したのが世田谷自然食品の『乳酸菌が入った青汁』です。ここでは、『乳酸菌が入った青汁』の特徴について解説したいと思います。

【『乳酸菌が入った青汁』の特徴は?】

『乳酸菌が入った青汁』は、青汁の原料として人気の大麦若葉を主原料にした青汁です。大麦若葉は、栄養が豊富な上にケールのような苦みやクセがないので、青汁が初めてという人や子どもにも美味しく飲める青汁として人気があります。

世田谷自然食品では、この大麦若葉をさらに美味しく飲んでもらえように、何種類もの大麦若葉を飲み比べ、その中でも野菜がもつ甘みとコクが活きている国産の大麦若葉を厳選しました。そして、さらに飲みやすくするために国産抹茶を加えて、美味しい抹茶風味の青汁を楽しめるようになっています。冷たい水でもサッと溶けるようになっているので、粉っぽさも抑えられて「とても飲みやすい」と好評です。

また、『乳酸菌が入った青汁』というネーミングからも分かるように、お米由来の乳酸菌も加えることで、お腹の健康をサポート。便秘解消にも役立つ青汁になっています。

【『乳酸菌が入った青汁』に含まれている成分】

『乳酸菌が入った青汁』の主原料は、大麦若葉です。大麦若葉には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。便秘の予防・解消に効果がある食物繊維も豊富です。

注目したいのは、SDO酵素という酵素が含まれている点です。この酵素には、増えすぎると肌の老化やガンの原因となることもある体内の活性酸素の働きを無力化する作用があります。ですから、SDO酵素を摂ることは、肌とカラダの健康維持に役立ちます。

また、大麦若葉には、造血作用のあるクロロフィルや鉄分も豊富に含まれていますから、貧血予防にも効果が期待できます。

『乳酸菌が入った青汁』には、乳酸菌が加えられています。乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きがあるので、お腹の健康にために積極的に摂りたい成分です。腸内環境を整えるので便秘の予防・解消に効果的なほか、お腹が緩みがちな人も、お腹の調子が整いやすくなります。

『乳酸菌が入った青汁』の主原料は大麦若葉ですが、クロロフィルやアミノ酸、食物繊維が豊富に含まれた北海道産クマザサと難消化性デキストリン(食物繊維)も配合されています。ですから、より“お腹に効く”青汁になっています。

【『乳酸菌が入った青汁』の気になる味は?】

飲みやすい大麦若葉を主成分とした『乳酸菌が入った青汁』の味についての口コミを見てみますと、「美味しい」「飲みやすい」という声が多く聞かれます。実際に、2013年に実施したお客様アンケートでは、98%が「飲みやすかった」と答えたそうです。

原材料に、抹茶と還元麦芽糖水飴が記載されていますので、甘みのある抹茶風味の青汁という感じでしょうか。

甘味については、「ほのかな甘み」で、「スッキリとした味わい」という感想を持つ人が多いので、甘すぎるというわけではありません。牛乳に溶かして飲めば、抹茶オーレとしても楽しめそうですし、大人から子どもまで幅広い年齢層の人に受け入れられる青汁だと思います。

初回限定でお試し価格での注文が可能ですので、気になる人はまずはお試し価格で注文してみてはいかがでしょうか?

乳酸菌が入った青汁 https://www.shizensyokuhin.jp/pro2/aojiru_1503a/?setaad=7007&trflg=1