青汁の商品紹介~アサヒ『青汁と21種の野菜』~

健康サポートのために、毎日1杯は摂りたい青汁。ドラッグストアやスーパーでもいろんな種類の青汁が販売されていますので、だいぶ購入しやすくなりましたよね。値段もお手頃価格なものから、ちょっと高いものまでいろいろありますが、安全性を求める人の多くは大手メーカーの青汁を選ぶ傾向にあるようです。

大手飲料メーカーであるアサヒのグループ会社、アサヒフードアンドヘルスケアがつくった『青汁と21種の野菜』も、「大手メーカーの青汁だから安心」という声がよく聞かれます。

ここでは、『青汁と21種の野菜』についてまとめてみましたので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【『青汁と21種の野菜』の特徴】

アサヒフードアンドヘルスケア会社がつくった『青汁と21種の野菜』は、大麦若葉を主原料として21種類の野菜をブレンドしてつくられた青汁です。

大麦若葉は、大分県産国東半島の契約農家で栽培されたもので、農薬や化学肥料を一切使用しない有機栽培で育てられています。大麦若葉は栄養価が高いので、大麦若葉だけでも十分に栄養が摂れますが、21種類の野菜をブレンドすることで、1杯でいろんな野菜を摂ることができる青汁となっています。

大麦若葉の他に含まれている野菜は、ケール・キャベツ・ほうれん草・セロリ・パセリ・小松菜・アスパラガス・クレソン・メキャベツ・ブロッコリー・レタス・かぼちゃ・白菜・赤ピーマン・なす・大根・人参・紫キャベツ・赤じそ・たまねぎ・ビートの21種です。

こんなに多くの種類の野菜がブレンドされた青汁は珍しいと思います。

また、『青汁と21種の野菜』は製造法もこだわり、フリーズドライ製法によってつくられた青汁となっています。フリーズドライ製法とは、青汁を急速に凍結させて真空状態で乾燥させる製法です。加熱処理を行わないので、栄養を損なわずに加工できるほか、青汁の緑色や風味を保ったままの状態で乾燥させることができます。また、水に溶けやすいというのもフリーズドライ製法のメリットです。

【『青汁と21種の野菜』に含まれている栄養素】

『青汁と21種の野菜』の主成分は、栄養が豊富な大麦若葉です。そして、それに21種の野菜をブレンドすることで栄養バランスの良い青汁となっています。

『青汁と21種の野菜』に含まれている栄養素は次のとおりです。

◆ビタミンA(目の健康維持や皮膚や粘膜を正常に保つ働きがある。)

◆ビタミンB1、B2(B1は糖質の代謝を、B2は脂質の代謝を助ける。肌荒れを予防するほか、広く回復にも効果的)

◆ビタミンC(美白効果があるほか、抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果も期待できる。)

◆ビタミンE(強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的)

◆ビタミンK(血液を凝固させ止血するほか、骨の健康を保つ効果がある。)

◆葉酸(造血作用や細胞の再生を促進する。妊娠中に摂りたい栄養素のひとつ)

◆カルシウム(骨や歯を丈夫にするとともに、イライラを鎮める効果がある。)

◆マグネシウム(血液サラサラ効果があるほか、片頭痛にも効果がある。カルシウムの吸収を高める。)

◆鉄分(女性や成長期の子どもに多い貧血の予防・改善に効果的)

◆カリウム(むくみや高血圧の予防・改善に効果的)

【『青汁と21種の野菜』の気になる味は?】

大麦若葉を使った青汁は、青汁の中でもクセがなく飲みやすいのが特徴ですが、『青汁と21種の野菜』の味についてはどうなのでしょうか?口コミを集めてみました。

「毎日飲んでも飽きないサッパリとした味で、クセがありません。苦みのない抹茶を飲んでいる感じです」

「溶けやすいですし、美味しいので気に入っています」

「多少、粉っぽさはありますが、美味しく飲んでいます」

「牛乳と一緒に飲むと美味しいです」

口コミでは、「飲みやすい」とか「美味しい」という声が目立ちました。多少、粉っぽさはあるようですが、許容範囲と感じる人が多いようです。

安心の大手メーカーの青汁を探している人は、『青汁と21種の野菜』を試してみるといいかもしれません。

アサヒ『青汁と21種の野菜』 http://www.asahi-fh.com/asa/