明日葉の青汁ランキングTOP3

栄養たっぷりの青汁にこだわる人の中でも人気が高いのが、明日葉を使った青汁です。「緑黄色野菜の王様」といえばケールですが、明日葉にはそのケールを上回るほどの高い栄養価があることから、青汁メーカーにも注目されている野菜でもあります。

しかし、クセがない大麦若葉と違って、明日葉にはケールと同様、独特の苦みやクセがあります。ですから、「明日葉は苦手」と感じる人が少なくないのも実情です。

そんな明日葉ですが、最近では明日葉独特の苦みやクセが抑えられた、美味しく飲める青汁も出ていますので、「明日葉が苦手」という人でも挑戦できるようになっていますよ。ここでは、明日葉の青汁の中でも特に人気の高い青汁TOP3を選びましたので、ぜひ、試してみてくださいね。

【明日葉の青汁ランキング第1位『ふるさと青汁』(マイケア)】

明日葉の根っこまで使ってつくられたマイケアの『ふるさと青汁』は、明日葉の豊富な栄養を丸ごと摂ることができる青汁です。ですから、「明日葉の青汁を飲みたい」という人にとっては、満足度の高い青汁になっています。

ふるさと青汁に使用しているのは、八丈島産の明日葉です。栄養価が高いことで知られている明日葉ですが、「カルコン」という独自の成分が含まれていることでも知られています。「カルコン」というのはポリフェノールの一種で、明日葉の茎や根を切った時に溢れ出てくるネバネバした汁ですが、この成分には抗酸化作用や抗菌作用、血糖値を下げたりする効果があることが分かっています。また、カラダの巡りを良くして、血液やリンパの流れを良くし、むくみを解消する効果が期待できます。

マイケアは、明日葉の根にカルコンが特に多く含まれることに注目し、根っこまで使用していますので、カルコンのパワーを最大限に感じることのできる青汁となっています。

また、ふるさと青汁は、明日葉だけでなく、熊本県産の大麦若葉や島根県産の桑の葉もブレンドし、栄養価を高めるとともに、飲みやすい青汁に仕上げてあります。明日葉は、独特の苦みやクセがあるので飲みにくいのですが、ふるさと青汁は、明日葉を使った青汁の中でもかなり飲みやすい青汁になっています。

【明日葉の青汁ランキング第2位『極(きわみ)の青汁』(サントリー)】

サントリーの『極の青汁』も、明日葉を原料に使った青汁の中では、高い人気を誇ります。極の青汁に使用されているのは、海に囲まれた鹿児島県屋久島の明日葉です。また、熊本県阿蘇が産地の大麦若葉をブレンドすることで、飲みやすい青汁に仕上げています。

極の青汁を開発するにあたりサントリーが目指したのは、ただ単に“飲める”青汁ではなく、“飲みたい”と感じてもらえるような青汁作りです。明日葉と大麦若葉のブレンドによって飲みやすい青汁とはなりましたが、“飲みたい”と感じてもらえるようにするためには、さらに一工夫が必要とされました。そこで、サントリーが青汁に宇治煎茶と愛知県産の抹茶を加えることで、お茶代わりに飲んでもらえるような美味しい青汁を完成させたのが、極の青汁です。

口コミでも「美味しい」と評判なので、明日葉の青汁選びで迷ったら、試してみる価値がある青汁といえます。

【明日葉の青汁ランキング第3位『あしたば青汁みどり』(あしたば本舗)】

さまざまな明日葉製品を販売しているあしたば本舗が作ったのが、『あしたば青汁みどり』です。あしたば青汁みどりは、明日葉を主原料とし、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などのお腹にいい成分を配合した青汁ですので、便秘を予防・改善する効果が期待できます。お腹の健康のための青汁を探している人にとっては、ピッタリの青汁といえるでしょう。

主原料の明日葉は、伊豆諸島の三宅島で化学肥料や農薬を使わずに栽培されたものを使用しています。安心の国産原料なので、安心して飲める青汁です。

また、桑の葉や抹茶、緑茶などをブレンドしてありますから、とても飲みやすい青汁になっています。