価格で選ぶオススメの青汁ランキングTOP5

いくら青汁は健康や美容にいいといっても、値段が高いと続けるのが難しいですよね。惜しみなく毎日飲むためには、やはり家計を圧迫しないくらいの価格の青汁を選びたいものです。でも、「安すぎるのは安全性が心配」という人も少なくないでしょう。

ここでは、無農薬で栽培された安心の原料を使用した青汁の中でも、低価格な青汁だけを集めてランキングにしました。高品質でありながら低価格の青汁を探している人は、ぜひ、この中から選んでみてくださいね!

【価格で選ぶ青汁ランキング第1位『大麦若葉100%』(山本漢方製薬)】

山本漢方製薬の『大麦若葉100%』は、ドラッグストアなどでもお馴染みの青汁です。

原料の大麦若葉は、漢方の本場中国で栽培されたものを国内加工しています。「中国産だと心配」という人もいるかと思いますが、外部機関において229種類のダブルチェックの残留農薬検査をパスした無農薬の大麦若葉なので、安全性については確認済みの青汁となっています。

山本漢方製薬株式会社のオンラインショップでも送料無料で購入できますが、定価での販売なので、おトク度は下がります。販売価格は、お得用の44包入りが山本漢方製薬株式会社のオンラインショップだと2,800円(税抜・送料無料)ですが、他のネットショップだと1,000円程度で購入することが可能です。

【価格で選ぶ青汁ランキング2位『私の青汁』(ヤクルト)】

ヤクルトの『私の青汁』もスーパーやドラッグストアでよく見かける青汁です。有名メーカーの青汁でありながら低価格であるため、とても人気がある青汁のひとつです。原料の大麦若葉は、国産で農薬と化学肥料を使わずに育てられたものを使用していますので、安心して飲めるのがうれしい点です。

価格は、メーカー希望小売価格だと30袋入りが1,500円(税別)、60袋入りが2,500円(税別)ですが、ネットショップだと60袋入りを1,500円~2,000円弱で購入できるので、かなり低価格の青汁となっています。

【価格で選ぶ青汁ランキング第3位『青汁のめぐり』(ヤクルト)】

同じくヤクルトが出している『青汁のめぐり』もお手頃価格と人気がある青汁です。

主原料の大麦若葉は、農薬や化学肥料を使用せずに大分県の契約農家で栽培されたものだけを使用しています。また、食物繊維とオリゴ糖を加えることで、お腹の健康をサポートする作用が強い青汁を作ることができました。

価格は、メーカー希望小売価格が30袋入りで2,000円(税別)ですが、ネットショップだと1,300円くらいで購入が可能です。質の良い青汁が低価格で購入できるのが魅力となっています。

【価格で選ぶ青汁ランキング第4位『青汁と21種の野菜』(アサヒフードアンドヘルスケア)】

大手メーカーのアサヒフードアンドヘルスケアが販売している『青汁と21種の野菜』もお手頃価格の青汁です。

主原料の大麦若葉は、大分県国東半島の契約農家で栽培されたもので、それに21種の野菜を加え栄養価を強化した青汁となっています。

価格は、公式サイトによりますと20袋入りが1,280円(税別)、40袋入りが2,380円(税別)ですが、ネットショップだと20袋入りが1,000円弱、40袋入りが1,620円~で購入できます。

【価格で選ぶ青汁ランキング第5位『毎日1杯の青汁』(伊藤園)】

「お~いお茶」でお馴染みの伊藤園が出している『毎日1杯の青汁』も低価格の青汁です。

原料は、国産の大麦若葉、緑茶、ブロッコリー、ケール、豆乳、はちみつの健康素材を配合よくブレンドしたもので、甘みがあるので子どもでも飲みやすい青汁になっています。

価格は、メーカー希望小売価格が20袋入りで1,410円(税別)ですが、ネットショップだと1,000円ちょっとで購入できます。お手頃価格なので、お試し感覚で飲むのにもいいですよね。