ダイエット目的で選ぶ青汁!オススメTOP3

ただ単に「食べない」というだけでは、ダイエットを成功させることはできません。ダイエットを成功させるためには、糖質や脂質の吸収をブロックしたり、脂肪の燃焼を助けたりするのに欠かせない栄養素を摂ることが必要になります。

その点、青汁は代謝を促すのに欠かせないビタミン類が豊富ですし、糖質や脂質の吸収を妨げる食物繊維などが豊富に含まれているので、ダイエットサポートにはオススメです。また、青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていることから、ダイエット中に不足しがちな栄養をバランスよく摂ることができます。

ここでは、青汁の中でもダイエット目的で摂るのにオススメの青汁を3つ厳選しました!ダイエット目的で青汁を始めることを考えている人は、ぜひ、このランキングを参考にしてみてください!

【ダイエット目的で摂るのにオススメの青汁第1位『ふるさと青汁』(マイケア)】

ダイエット目的に摂るのにオススメの青汁第1位は『ふるさと青汁』です。

ふるさと青汁は、栄養豊富でダイエット効果がある明日葉を主原料としている青汁です。明日葉にダイエット効果があると言われている理由は、明日葉にはカルコンという成分が含まれているからです。

カルコンには、体内に溜まった老廃物を排出し、血液やリンパの流れを良くする働きがあります。ですから、カルコンを摂ることでカラダの巡りを良くし、むくみなどを解消することができるんです。また、カルコンには血糖値を下げたり、内臓脂肪を減少させたりする作用があることが分かっていますから、カルコンはダイエットをサポートしてくれる強い味方になります。

味については、明日葉独特のクセや苦みがありますが、大麦若葉や桑の葉をブレンドすることで、飲みやすい味に仕上げてあります。ですから、ダイエット目的での青汁を探している人は、ふるさと青汁は試してみる価値がありますよ。

【ダイエット目的で摂るのにオススメの青汁第2位『神仙桑抹茶ゴールド』(お茶村)】

ダイエット目的で摂るのにオススメの青汁第2位は『神仙桑抹茶(しんせんくわまっちゃ)ゴールドです。

神仙桑抹茶ゴールドは、桑の葉を主原料とした青汁です。桑の葉には注目のDNJ(1‐デオキシノジリマイシン)という成分が含まれています。DNJには、糖分の吸収を阻害する働きがありますから、食事から摂った糖分が体内に吸収されにくくなります。ですから、定期的に摂ることで太りにくいカラダになることも可能になります。また、桑の葉にはむくみ改善効果がありますから、むくみやすい人にもオススメです。

神仙桑抹茶ゴールドには、桑の葉だけでなく脂肪燃焼効果があるカテキンが含まれている緑茶も含まれていますので、そういう点でもダイエット目的には適したお茶ということができるでしょう。

味も、「抹茶のようで飲みやすい」と好評の青汁ですので、青汁が苦手な人でも安心して飲めますよ。

【ダイエット目的で摂るのにオススメの青汁第3位『フレッシュフルーツ青汁』(INK)】

青汁の中でも「美容」と「健康、」そして「ダイエット」を目的で飲む人向けに商品開発されたのが、『フレッシュフルーツ青汁』です。

フレッシュフルーツ青汁は、食物繊維が豊富な大麦若葉や脂肪にアプローチするカルコンが豊富な明日葉、また、脂肪燃焼に欠かせないアミノ酸が豊富に含まれているクマザサといった緑葉野菜をベースとしています。それらの野菜の栄養素に加えて、80種類もの酵素を配合することで、痩せやすいカラダづくりにピッタリの青汁となっています。

フルーツエキスが配合されているので、とても飲みやすく、青汁というよりもフルーツミックスジュースのような味わいです。ダイエット中にはうれしい、ほんのり甘みのある青汁ですよ。