青汁を飲むと二日酔いが改善するってホント?

頭痛や吐き気などツライ思いをすることもある「二日酔い」。お酒が好きな人であれば一度は経験したことがあると思います。次の日が仕事だったりすると、二日酔いはキツイですよね。そんなツライ二日酔いを改善する効果が『青汁』にあるのかもしれないと言われています。

ここでは、青汁に二日酔いを改善する効果がホントにあるのか、また青汁をお酒と一緒に飲むことで悪酔いを予防できるのかという点についてまとめてみましたので、参考にしてください。

【青汁に二日酔い改善効果があると言われる理由】

お酒を飲んだ後に生じる二日酔いの症状が現れる詳細なメカニズムは、現代医学をもってしても解明されていません。ただ、二日酔いを引き起こす原因についてはいくつか分かっており、その原因の1つに「アセトアルデヒド」という有毒物質があります。

アルコールは肝臓で最終的に分解されますが、その分解過程でアセトアルデヒドという毒性の強い物質が発生します。体内には、この有害物質を分解し無害化する酵素がありますが、お酒を飲み過ぎてアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなってしまうと、悪酔いしたり、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状を引き起こすと考えられています。

実は、ケールを主原料とする青汁には、このアセトアルデヒドを分解する酵素の量を増やす機能があるのではないかと言われています。ケールには、胃を丈夫にするビタミンuと肝機能を高めるスルフォラファンという成分が含まれているので、お酒を飲む前や飲んだ後に青汁を飲むことで、二日酔いや悪酔いを予防してくれると考えられているのです。

また、二日酔いになってしまってからでも、青汁を飲むと不快な症状をやわらげてくれることもあります。青汁には、アルコールの分解が促進するビタミンB1、ナイアシン、ビタミンCが豊富に含まれていますし、肝機能を高めてくれるアミノ酸が含まれているものもあります。ですから、青汁を飲むことで、ツライ二日酔いの症状を改善する効果も期待できます。

【青汁をお酒で割って飲むのが流行っている?】

居酒屋の中には、焼酎の緑茶割りならぬ『青汁割り』というメニューを置いているところもあるそうです。お酒を何杯も飲むサラリーマンや、美容に気を使っている女性などに特に人気のあるメニューだそうですよ。

実際に、青汁の口コミなどをいろいろと見ていると、焼酎で割って青汁を飲んでいる方が多くいます。牛乳や豆乳などで割るという方法に比べたらあまり知られてはいませんが、晩酌をされている方のローテーションの一部にこれからなっていくのでは?と思わせるほど、お酒と割って青汁を飲むという方法を口コミで見かけることがあります。

また、お酒と合わせて美味しい青汁レシピを紹介しているサイトもあるほどで、家でもいろいろなバリエーションを楽しむことができそうです。幾つか簡単にできる青汁を使ったお酒を紹介しておきます。

・青汁ハイ   (材料)青汁1包 麦焼酎45ml

・青汁ホッパー (材料)青汁1包 ウオツカ45ml ミルク45ml

・青汁ドッグ   (材料)青汁1包 ウオツカ45ml レモン適量 ソルト適量

・青汁モヒート  (材料)青汁1包 ラム30ml ソーダ適量 シロップ1tsp ライム1/2個

焼酎で割るシンプルなものから、青汁を使ったカクテルまで、いろいろと作ることができますので、お酒が好きで、同時に健康や美容を気にかけている方は、ぜひ試してみてください。

お酒が好きだけれども悪酔いしやすいとか、二日酔いしやすいという方は、お酒を飲む前か飲んだ後に青汁を飲むようにしてみてください。気持ちよくお酒を飲めて、二日酔いも経験しなくて済むようになるかもしれません。

青汁には胃を丈夫にしたり、肝機能を高めたり、アセトアルデヒドを分解する酵素を増やしてくれたりする効果があるものの、飲み過ぎてしまうと効果が出ないことがありますので、飲酒はほどほどにしておくことを心がけるのも大切です。