飲むだけじゃない!こんなにもある青汁レシピ

“青汁=飲むもの”というイメージがありますが、青汁は飲みものとしてだけでなく、食事やデザートにも使用することができるんですよ。

ここでは、青汁を使ったいろんなレシピをご紹介します!毎日の食事やデザートに青汁を加えることで、手軽に栄養補給することができますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【青汁レシピ~料理偏~】

まずは、青汁を使った料理レシピをご紹介します。いつもの料理に青汁を加えるだけの簡単レシピなので、ぜひお試しください。

◆青汁グラタン

“青汁グラタン”と聞くと、イメージがわかないかもしれませんが、ホワイトソースに青汁を加えたものというと、イメージしやすいのではないでしょうか。牛乳にあらかじめ青汁を加えておき、ホワイトソースをつくる際に、あらかじめ青汁が入った牛乳を入れてホワイトソースを作るというものです。加える青汁の量は、2人分までだと1包程度、家族分だと2包分くらいが目安です。

お好みの具を入れて、チーズをのせて焼くと美味しい青汁入りのグラタンに変身です。

◆青汁を使ったカルボナーラ

カルボナーラのソースをつくる時に青汁を加えるだけの簡単レシピです。

まず、フライパンにオリーブオイルをひき、お好みでベーコンや玉ねぎなどの具材を炒めましょう。具材に火が通ったら、牛乳を加え、その後、青汁とチーズを加え、塩コショウで味を整えます。茹でたてのパスタと絡めてできあがりです。

さわやかなグリーンのパスタになりますので、見た目も食欲をそそりますよ。

◆ピザにもOK!

ピザクラフトのベースに塗るソースに青汁を混ぜ込むだけのレシピです。

ソースの作り方をご紹介しましょう。ニンニクを刻み、それにオリーブオイル、塩、そして、青汁パウダーを加えて混ぜるだけです。分量の目安としては、大人2人分だと、ニンニク1かけ、オリーブオイル大さじ2、塩小さじ1弱で、それに青汁パウダーを1~2包使用します。

できあがったソースは、ピザクラフトに塗り、その上に好みの具材をのせましょう。最後にチーズをたっぷりのせて、オーブンで焼いて出来上がりです。青汁のグリーンがバジルソースのように見えて、見た目も違和感が全然ありませんし、かなり美味しく食べることができますよ。

◆青汁入り炒飯

炒飯の仕上げに青汁をふりかけて混ぜるだけという簡単なレシピなのですが、なかなか美味しいと評判です。

炒飯は、具材を入れて塩コショウで味付けをしたシンプルな炒飯がよく合います。簡単にできるので、炒飯のアレンジメニューの1つに加えてみてください。

【青汁レシピ~デザート偏~】

青汁を使ったヘルシーデザートレシピもいくつかご紹介しましょう。

◆青汁入りバニラアイス

バニラアイスに青汁を加えただけの、簡単なレシピです。

市販のバニラアイスを室温で少し柔らかくして、それに青汁パウダーを加えます。ムラがないようにしっかりと混ぜましょう。その後、タッパーなどに移して冷凍庫で冷やし固めるだけです。

たったこれだけで、美味しい抹茶アイスに変身です!

◆グリーンシフォンケーキ

通常のシフォンケーキのレシピに、青汁パウダーを加えてつくるだけのシンプルレシピです。

薄力粉をふるう時に、青汁パウダーも1~2包(10g程度)加えておくだけで、簡単にキレイなグリーン色のシフォンケーキができますよ。

シフォンケーキに限らず、パウンドケーキやホットケーキ、蒸しパンにも応用できます。

◆お餅やお団子にも!

お餅やお団子にも青汁はよく合います。青汁をお餅やお団子に混ぜ込んで、うぐいす色のお餅やお団子を楽しむのもいいですが、それだと少し面倒という人にオススメなのが、お餅やお団子に青汁パウダーをかけるだけという簡単レシピです。

1人分の分量の目安は、青汁1~2包を砂糖(大さじ1)ときな粉(大さじ1/2)、そして塩少々です。これを、よく混ぜておき、お餅やお団子にかけて食べます。とても、シンプルですが、なかなか美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。