青汁にアンチエイジング効果があるというのはホント?

年を重ねるにつれて気になるのが、目の周りや口の周りにできてくる“しわ”や“たるみ”です。いい化粧品を使ってお手入れしているものの、年齢には逆らえないなと感じる人も少なくないでしょう。アンチエイジングには、化粧品などによる外からのケアも大事ですが、食生活による内側からのケアも大切です。

肌をつくっているのは、わたし達が毎日の食事から摂り入れているビタミンやタンパク質などの栄養素です。ですから、アンチエイジングに効果がある食べ物を毎日の食事で摂ることによって、効果的にアンチエイジング対策を行うことができるのです。

健康促進効果や美容効果が高いことで知られている青汁ですが、「アンチエイジング効果もある」と言われています。ここでは、青汁のもつアンチエイジング効果についてお話したいと思います。

【そもそも肌の老化の原因は?】

そもそも肌が老化する原因は何でしょうか?

肌が老化する原因としては、大きく次の3つが考えられます。1つは「紫外線」です。紫外線を浴びることで肌はダメージを受け、シミやしわ、たるみなどができてしまうのです。2つ目は、「肌の乾燥」です。乾燥した肌の表面は硬くなってしまっているため、しわができやすくなるのです。3つ目は、「細胞の酸化」です。金属が酸化してサビるように、実はわたし達の肌も酸化してサビてしまうことがあるのです。そして、わたし達の肌をサビさせる原因となるのは「活性酸素」です。

活性酸素は、どのようにわたし達の肌をサビさせるのでしょうか?

活性酸素は、脂質と結合することによってわたし達の肌をサビさせてしまいます。肌が酸化すると、細胞にダメージが与え、真皮層のコラーゲンの生成がうまくいかなくなったり、肌のターンオーバーを低下させたりしますから、そのため肌の老化の原因となってしまうのです。

肌の敵ともいえる活性酸素ですが、実は活性酸素には、体内に侵入したウイルスや細菌をやっつけるという大切な役割があります。問題は活性酸素が体内で増えすぎることにあります。活性酸素は、紫外線や大気汚染、電磁波、ストレス、タバコなどが原因で増えるといわれています。つまり、わたし達の周りには活性酸素を増やす原因となるものが多くあります。ですから肌の老化を抑えるためには、いかに活性酸素の体内での増加を抑えることができるかにかかっています。

【青汁に含まれるアンチエイジングの効く成分】

では、青汁がアンチエイジングにいいと言われている原因は何なのでしょうか?

青汁がアンチエイジングにいいと言われているのは、優れた抗酸化作用がある栄養素が豊富に含まれているからです。

優れた抗酸化作用がある栄養素として、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEが挙げられます。青汁には、体内でビタミンAに変わるβカロテンやビタミンC、ビタミンEといった栄養素が豊富に含まれています。

ですから、青汁を飲むことで肌老化の原因となる活性酸素を除去することができるのです。

また、青汁の中には次のような抗酸化作用を持つ成分が含まれているものもあります。

SOD酵素…明日葉や大麦若葉に含まれている酵素で、強い抗酸化作用があります。

メラトニン…ケールに含まれています。安眠に効果的といわれているメラトニンですが、実は抗酸化作用もあります。

アンチエイジング効果目的で青汁を飲みたいという人は、これらの成分の含有量が多い青汁を選ぶといいでしょう。青汁の三大原料ともいえる、ケール・大麦若葉・明日葉ですが、それぞれにSOD酵素やメラトニンなどの強い抗酸化作用を持つ成分が含まれていますので、青汁選びで迷ったら、この3つを主原料とした青汁の中から探してみるのがオススメです。