カラダにいいだけじゃない!青汁には美肌効果もあり!

青汁というと、以前は中高年以降の人が健康維持のために飲むものというイメージがありました。しかし、最近では若い世代にも青汁が人気になっているんです。その理由としては、「野菜不足を解消するため」とか、「便秘予防のため」といった健康面でのメリットを考えてという人も少なくありませんが、若い女性を中心に多いのが「青汁には美肌効果があるから」という理由。

実は、青汁には美容にいい栄養素がたくさん含まれているんです!ですから、今まで化粧品やエステにお金をかけていた人も、青汁を飲めば意外と簡単に美肌効果を実感できるかもしれません。ここでは、青汁の美肌効果についてまとめてみましたので、美肌に関心のある皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【青汁の美肌効果については有名人もお墨付き?】

青汁には、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていますから、美肌に効果的なんです。

青汁の美肌効果については、美の追求に余念のないモデルや芸能人にも愛飲者が多いことからも分かります。青汁を愛飲していることを公表しているモデルや芸能人は多いのですが、例を挙げると、紗栄子さんや釈由美子さん、杉本彩さん、菊川怜さん、君島十和子さん、森泉さんなど・・・が青汁を飲んでいることを公表しています。皆さん、本当に誰もが認めるキレイな人ばかりですよね。もともと、キレイであるのは間違いないのですが、その美を維持するための努力が青汁の愛飲などにつながっているのだと思います。

このように、モデルや芸能人に限らず青汁を美肌目的で飲んでいる人は少なくありません。そのため、最近では“美肌にいい”ことをアピールした青汁も出回っています。また、コラーゲンやローヤルゼリーなどの美肌にいい成分を補強した青汁もあり、美肌効果を求める女性のニーズにこたえています。

【青汁に含まれている美肌に効く栄養素とは?】

では、青汁に含まれている美肌に効く栄養素にはどんなものがあるのでしょうか?代表的な美肌に効く栄養素の特徴をいくつかご紹介しましょう。

◆ビタミンC

美肌にいい成分といったらビタミンCを一番に挙げる人は少なくないと思います。ビタミンCには、美白効果があり、シミやそばかすなどを予防し、肌を白く透明感のある肌へと導く効果があります。また、カラダが酸化するのを防ぐ抗酸化作用もありますから、アンチエイジング効果も期待できます。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがありますから、ビタミンCを摂ることでコラーゲンの生成が促進されて、肌にハリが生まれます。

◆ビタミンB群

ビタミンB群とまとめていますが、ビタミンB群には種類が多く、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類をまとめてビタミンB群と呼んでいます。それぞれに働きは異なりますが、それぞれが助け合って体内のさまざまな代謝を良くするために作用します。なので、ニキビや肌荒れ防止に効果的です。

◆ビタミンA(βカロテン)

青汁に含まれているβカロテンは、必要に応じて体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは、肌や粘膜を保護し、肌にハリや潤いを与える効果があります。不足すると、肌がカサついたり、肌の乾燥からくるシワができやすくなります。

◆ビタミンE

その優れたアンチエイジング効果から、「若返りのビタミン」としても知られているビタミンE。ビタミンEには、活性酸素を除去する働きがありますから、老化の元となるものを取り除いてくれます。また、血行促進効果がありますから、冷え性に効果があるのはもちろんのこと、血液の流れを良くするので、ハリツヤのある若々しい肌に保つ効果が期待できます。

◆食物繊維

便秘はニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因となります。青汁に含まれている食物繊維は、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きがあるため、腸内環境を整えるのに効果的です。そのため、食物繊維を摂ることで便秘を予防し、また解消することができます。