青汁で体内の毒素を排出!青汁のデトックス効果がスゴイ!

最近、よく耳にするデトックス。ダイエットや美容につながるとして、デトックス効果が高いといわれる岩盤浴やリンパマッサージなどが一躍ブームになりました。いろんなものを試してみたけど、金銭的に続かなかったという人も少なくないのではないでしょうか?

実は、青汁はデトックス効果があることでも知られています。ですから、毎日の食事に青汁をプラスするだけで、コストをそんなにかけることなく簡単にデトックスをすることができるんですよ!

ここでは、青汁の優れたデトックス効果について解説していきたいと思います。

【そもそも、デトックスって何?】

ダイエットや美容につながるといわれているデトックスですが、そもそもデトックスとは何なのでしょうか?

デトックスとは、英語ではdetoxと書きます。正式には“detoxification”といいます。日本語に翻訳すると「解毒」という意味です。

毎日の生活の中で、わたし達の身体にはさまざまな有害物質が取り込まれています。食品に含まれる農薬や食品添加物もそうですし、呼吸によって吸ってしまうダイオキシンや排気ガスなどもそうですよね。

人間のカラダには本来、デトックス機能が備わっています。ですから、体内に取り込んだ有害物質、つまり毒素は、通常は便や尿、汗、髪、爪などから排出されるんです。しかし、そのすべてが排出されるわけではありません。たくさん取り込み過ぎてしまうと、排出が追い付かなくなってしまい、毒素が体内に溜まってしまうのです。

溜まった毒素は血液を通して全身を巡りますから、そうなってしまうとカラダに良いものをいくら取り入れても、あまり効果がないという事態が生じてしまいます。そのため、「カラダが疲れやすい」「やる気が起きない」「風邪を引きやすい」「ダイエットをしているのに痩せにくい」といった症状がみられるようになるのです。

そして、このようなカラダの不調を治すためには、毒素を排出すること、つまりデトックスが必要となります。

デトックスにはいろんな方法があります。リンパマッサージでリンパや血液の流れを良くすることもデトックスとなりますし、岩盤浴などでサラサラとした汗をたくさんかくこともデトックスになります。さらには、便秘解消に効果がある食品を摂ることで便秘を解消することで毒素の排出を促すのもデトックスになります。

【青汁にデトックス効果があるといわれている理由】

では、青汁にデトックス効果があるといわれているのはどんな理由によるのでしょうか?

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きがあるので、腸内に毒素が溜まるのを防ぐ効果があります。

食物繊維には、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の2種類がありますが、水溶性の食物繊維には便を柔らかくする効果が、そして、不溶性の食物繊維には便のボリュームを増やす効果があります。ですから、食物繊維を摂ることで便秘解消が期待できるんです。実際に、青汁を飲みだしてから「便秘が解消した」という声も多く聞かれますから、青汁の便秘解消効果はかなり高いことが分かります。

また、デトックス効果を高めるためには、ビタミンやミネラルを摂って代謝機能を高めることも必要です。青汁には、食物繊維だけではなく、ビタミンミネラルもバランスよく含まれていますから、その点から考えても高いデトックス効果が期待できます。

体内に毒素が溜まってしまっていると、いくらカラダに良い食品を摂り入れたり、高価なスキンケア用品を使ったりしても、効果は半減してしまいます。デトックスは健康を維持し、美容効果やダイエット効果を高めるのに必要なことですから、毒素が溜まりやすい生活を送っている現代人には意識して行いたいものです。

青汁には高いデトックス効果がありますから、毎日飲むだけで簡単にデトックスを行うことができます。毎日1杯の青汁で、美容と健康の維持を目指しましょう。